FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬまで生きると言う事

2018.07.25.10:36

どっかのタイミングで、人は死ぬまで生きるんだと書いた記憶があります。

今日は、改めて死ぬまで生きるについて書かせてもらおうと思います。

先述の時には単純に、死ぬまで人は生きるものだからとの思いでした。

ここで、それにつけ足したくなったので記します。

人は死ぬまで生きる → 人は死ぬまで生かさせてもらえる

これは、同じようで同じではないので気付いたそばから記したいと思いました。

死ぬまで生かさせてもらえる。これは、個人がどの様に思おうと

自然はその人を生かせ続けると言う事に違いないと言う考えに至ったからでした。

今の経済資本主義の物質文明ではなかなか想像もつかない観点であると認識します。

自分もそうですが、お金が無くなったから、借金が返せないから → 生きてけない

簡単に表現するとこのような思いに駆られる社会となってしまってます。

しかし、そのような形にはめ込められ本来生まれ持って持っている力をも

形にはめ込められ気付きようもない状態で社会システムが成り立っているせいで

多くの人が、しなくても感じなくても良い苦労を味わっていると思います。

全ての人が自然回帰、自給自足をしろと言う事ではありません。が、

本来持っている力を少しでも開放していければ、その人にとって、又周りの人にとって

大きな変化を生み出すことになると思っています。

お金は生きる為に必要。確かにそうですが、お金を食べているわけではありません。

人らしく生きる為にはどうしたらよいかは、今も課題ではありますが、

自分ができる範囲の事で困っている人を助ける。まずは基本と思っています。

人生はかなりシンプルだと思っています。

情けは人の為ならず。

良い事をすればよい事が。悪い事をすれば悪い事が自分の所に帰ってくるだけ。

生きる為のお金を得るのに悪い事をすれば残念ですが後はかなり苦しい事にと想像できます。

生きるにあたって、お金が先か、良い事が先かまずここも人それぞれの価値観と思ってしまいます。

当たり前とは自分自身の考える範囲であり、そこが違うと大きく変わる事になると思います。

今の自分は当たり前の修正中です。

確かに、生きる為にお金は必要かもしれません。しかし、お金が無くても空気は存在してくれます。

自分は、そんな有難い空気も汚し続ける事がつらいです。

つらい事を認識しながら前に前に進む事が問題の解決につながっていくものと信じて頑張っています。

偉そうなことを言うつもりは一つもありません。神と言う事を表現して良いとされるならば

人が生きていける環境を整えてくれているのが神かとも思うこの頃です。


素直なところ

残念ながら宗教は神を語る組織としてイメージが強く、もう少し機能できていれば

今の世の流れがもう少し違ったのではと思ってしまう。

自分自身、前進する事に勤めて行く事を強く思い頑張る。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

じゅんきんぽち

Author:じゅんきんぽち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。