FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坊主にした

2011.05.14.18:32

本日 自分で坊主にした。
とてもすっきりした。

なぜだか解らないけど、雑念(整理しきれない事柄、自殺を含む思念)
が、うそのようにすっきりした。

親をも笑わせるにいたる坊主。
まだ 長男坊しか見せてないので 嫁さんに何言われるか・・・・・。

いろんなことを含む事で、自分は自分なんだと強く思える坊主儀式
周りの目なんか気にしない。
物事の考え方の自分自身の肯定

人に思いを 押し付けるようなところがあった自分
今回 やはり、避難 疎開 頭から離れない。
今朝も嫁さんに、その先を探す為の下見の話しをしたら
機嫌を悪くされ、こちらもそれ以上に機嫌を悪くした。
震災後 様々な話をしてきたつもりだし、昨日も話をした。
けれども、伝わらない。
伝え方がいけないのだと思う。
他人に伝えるわけではないのに、伝わらない。
あっ いくら嫁さんでも他人か。
そもそも そこがいけないのか。
昨日話ししたことは、子供がなければそんなことは考えもしないと言うことを
強く強調したつもりだが、あいつには伝わらない。
一緒の思いで話ができたら、少しでも話は前向きに進展するだろうに

坊主頭で精進に勤めます。

照さんのブログ貼り付けさせていただきます。
不思議と自分はすんなり 言葉がしみこみます。

<世見> 2011/05/14

Date: 2011.05.14 | Category: 世見, 地震・自然災害 | Response: 0

私の書く事で皆様を動揺させたくはありませんが お伝えさせて頂きます。
何が起きても日頃からご自分は「大丈夫」と思われる事が一番です。
だからと云って「大丈夫」を過信してはいけません。どんな時でも一番初めに感じた事が身を守るポイントです。後から、これくらいは「大丈夫」だろうの判断が人生の分かれ道です。この事を心に留めておいて下さい。
この間の様な未曾有の大震災が再び我国に起きるとは思いたくはありませんが、起きないとは言い切れるものもございません。
あの日の地震は日本中を駆け巡りました。九州でも震度1~2もあり、北海道の宗谷岬当たりでも震度3くらいはあったようです。震度4クラスはかなりの広範囲で観測されています。津波の高さは大船渡で11.8mを記録し、高知県でも2.5m以上はあったそうです。
日本列島周辺には4つのプレートがあります。この事を私達はよく理解しないといけません。東北地方の揺れは180秒後には関東が揺れました。
私達は今回の事を学びにしないと犠牲になられた方々に申し訳が立ちません。
大船渡では津波が来るまで29分ありました。およそ40分後には広範囲に高い津波が牙を剥きました。
近い将来、又、同じ様な事が起きた時、命を守るのは揺れた時と揺れた後の行動です。私は、今、皆様に我が身を守る為の感と申しますか、勘と申しますか、を書き残しておきたいと思っています。
皆様に申し上げたい。
3月9日と10日続いて同じ場所で揺れていた事を忘れずにいて欲しいと、
「あの時、日本列島は東に5.3m動いた」
この事を聞いて、自然の力の凄さを思い知らされました。この動きは今も止まってはいません。これからの十年は忘れてはいけません。「いつ何処で」については私も今後、皆様のお役立ちを今以上に真剣に心に留めて臨んでまいりますので、私の書く事と、ご自分の判断とを照らし合わされてお読み下さい。
火山活動も気を付けないと、とも自分に言い聞かせています。
ただ、大地震発生から3カ月以内を一つの区切りとして見ると、未だ5クラス以上は来やすいと思える自分がいます。
太平洋側にM7以上の地震は、10年以内に何度か来るのではとも今から心配しています。それと、今回の事でフィリピン海プレートが動いたとも思っています。
東海地方から四国沖まで気を緩める日が、当分望めないのが残念ですが、人は怯えて暮らすより、今日一日を自分が出来る範囲で精一杯生きる事が、今世の使命だと思います。それと、人間にしか出来ない笑顔が必ず大災害に打ち勝つ事だと思っています。
大災害に関する事は感じたらすぐにお知らせ致します。
そうそう、もうひとつ嫌な事なのですが、今年は台風が大雨をもたらすと思います。
例年より土砂崩れや洪水の被害も、十分気を付けて下さい。
1時間に降る雨の量の記録更新も気になります。

<世見> 2011/05/14

Date: 2011.05.14 | Category: 世見 | Response: 0

宇宙に私達が住む地球が浮かび、今日もこうして存在しています。
約1億3500万年前の陸地と現在の陸地はかなり姿を変えています。
地球の寿命が後50億年あるとしたら、その頃、陸地はどのようになっているのでしょうネ。
この未来とは反対に、今から46億年くらい前の地球はどうだったのでしょう。
今日は地球の事が凄く知りたくなっています。

凄い数の微惑星それぞれが独自のスピードで地球軌道周辺を回っています。
何故、同じスピードでないのだろうかと思ったが、今日は誰も答えてはくれない。
アッ 地球に微惑星が衝突した。
「痛そうです」
でも、グラグラ沸いたお鍋の蓋を開けた時のように、衝突した辺りから水蒸気が上がった。
地表は怪我でもしたかのように衝突した場所が痛そうに熱を出しています。
「こうして今の地球が出来たのか」
と、何処かで納得している自分がいます。

「あの事と同じ様に、これからも地球に小惑星が衝突する事は避けられません」
又、嫌な事を聞いてしまった。
「嫌な事ではなく、それが宇宙の仕組みなのです。太陽系の天体はこうした衝突体験を繰り返して出来たのです。20世紀の初めに100メートルの彗星がシベリアに衝突した時には大気中で爆発させるのに、こちらではかなり苦労をしたものです。」
「ご苦労様でした」 こんな言葉が出ていた。

それよりも、どんな人達?が大気中で100メートルもある彗星を爆発させたのだろうか聞きたくなったが、すぐに理由は分からないが、「まあ、いいかァ」と思ってしまった。

「あの時は、真下の森林が広い範囲でなぎ倒されましたからネ。今後も小惑星の衝突は起きる事でしょう。2004年は心配でしたが大事には至りませんでした。
この小惑星は4年と云う周期で接近していて、2008年も大丈夫でしたが、来年の2012年は私共も気を抜かずに地球を守ろうと思っています。」

笑顔

Date: 2011.05.14 | Category: 照の日記 | Response: 0

「やさしさ」ほど、奥の深いものはありません。
このやさしさは相手に気付かせるのではなく、相手が良い笑顔になるお手伝いをする事だと私は思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

じゅんきんぽち

Author:じゅんきんぽち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。