FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラの衣を借りる

2011.10.09.08:21

トラの衣を借りるようなあちらこちらの先生方のブログを読ませてもらっては
転載させてもらっている自分でありますが、本当に世の中素晴らしい人がたくさんいて
うれしい限りです。
本日も転載させていただきます。

【 井口和基の公式ブログ 】の井口先生のブログにて 今回の情報もいただきました。
井口先生 様々なことをいつもありがとうございます。
http://quasimoto.exblog.jp/15673053/

スティーブ・ジョブズの言葉

≪17歳の時にこんな言葉を読みました。
「毎日を最後の日であるかのように生きなさい。
いつか必ずひとかどの人物になれる。」

私は感銘を受けました。
それから33年間、毎朝鏡を見て問いかけました。
”今日が人生最後の日なら、今日することは自分がしたいことだろうか?”
長い間答えがノーであるときはいつも
何かを変える必要があるとわかるのでした。

そう遠くないうちに死ぬと認識することは、
大きな選択をする時に助けてくれる
私にとって他にない重要なツールです。

なぜならほとんど全てのこと-
外部の期待や自分のプライド、挫折や屈辱への恐れは全て
死に際して無くなり本当に重要なものだけが残るからです。

自分も死にゆくと自覚することは
何かを失うという思考の罠を回避する最高の方法です。
あなたは既に裸です。
ハートに従わない理由はありません。≫


言葉にならない自分の思いがあることは、かなり認識をしている自分であります。
そのなかで、一所懸命に生きる姿勢はこのジョブズさんの言葉そのもの
と感じました。いつ死んでもいいように生きる、死ぬときに後悔はしたくない。
こんな思いでずっとやってきた。
しかし、一歩 二歩とらえかたが違っていることで
自分は病気になるような活動の仕方になっていたのだと感じました。

失うことの恐れ

このことに関しては自分自身の物に対しては抱く思いではないのですが
最愛なる人を失うことは怖いと感じています。

心に従っているか

これは、そうじゃないから自分の中の自分に反逆にあったと感じています。
なにが心に従うことなのか?
遊びたいこと?
自分の時間がほしい?
心に従いやってきたと思ってた。
自分の話は身内はすぐに理解するものと思ってた
しかし、所詮理想論。
言葉を発さずとも伝わると思っていたことすら何も伝わっていない。
これは、自分自身の責任。甘さの責任。
これから、何をどうやって伝えていくか
伝えずともその流れにみんなをどうやって乗っけるか?
自分の課題。
おかしな話かもしれないが、緊急時の対応力をいかに自然に組み込むか
今その真っ最中。
時間がかかることにいらいらして言葉の限りぶつけるものはぶつけきった。
それがだめなのが解ったから
押してもだめなら引いてみな
この作戦常にもっているつもりだったけど、
一生懸命または夢中になりすぎると
すぐにその作戦すらどこかに行ってしまう

押してもだめなら引いてみな

もう一回心に刻もう。

素直なところ

自分自身を作り上げるのは自分自身
自分自身が最愛の人ではない
最愛の人が自分自身ではない

ありがとうございます ジョブズさん。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

じゅんきんぽち

Author:じゅんきんぽち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。